原油価格、減産でいったんは上昇も2018年には軟化へ-ゴールドマン

世界的な減産決定を受けた原油価格の上昇は限定的になるとの見方を、ゴールドマン・サックス・グループが示した。そう遠くない将来に新たな供給が見込まれるためとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。