2016年が終わりに近づく中、ドイツ銀行株の命運が劇的に反転した。6四半期連続と金融危機以降で最長の四半期ベース続落を演じていたが、10-12月(第4四半期)は57%と記録的な上昇に向かっている。法的問題での支払いで資本バッファーが損なわれるとの懸念が薄れたことや、欧州のインフレ率と米金利の上昇で収益が高まるとの期待を背景に回復している。9月には年初来の下落率が53%を超えていたが、下げ幅はその後に半分以下に縮小した。

原題:Deutsche Bank Set to End With a Bang After Long Whimper: Chart(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE