商品市場で今年最高のパフォーマンスを示した後、下落している原料炭の価格は、今後大きく変動する可能性がある。

  1トン当たり300ドルを超えた原料炭のスポット価格は今月に入って16%下落。オーストラリアで向こう数カ月間に豪雨と洪水が予想されるため、値下がりは止まるか上昇に転じる可能性もある。豪州は今シーズンに平年を上回る数のサイクロンに見舞われると予想され、そのために世界最大の生産国である中国の増産の影響が軽減される可能性がある。中国の生産量は11月に1年ぶりの高水準に達した。

  UBSグループのアナリスト、ダニエル・モーガン氏(シドニー在勤)は「向こう数カ月間は引き続き天候の影響を受けやすいだろう。供給は依然として逼迫(ひっぱく)しており、豪州は雨期に入っているため、短期的に価格が急落することはないと思う」と述べた。

原題:Best-Performing Commodity’s Slump Seen Stalled by Cyclones (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE