米オラクル:9-11月期売上高は予想下回る-新規ライセンス不振

  • 新規ソフトウエアライセンスは20%の減収、ドル高も売上高の重し
  • 株価は時間外取引で下落

米オラクルが発表した9-11月(第2四半期)決算は売上高が一部のアナリスト予想を下回った。クラウドベースのプログラムやサービス販売拡大に軸足を移す中で、新規ソフトウエアライセンス収入が減ったことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。