世界の原油市場が引き続き回復する中、米国の産油地帯で再び求人が増えている。

  求人サイトのインディード・ドット・コムによれば、石油業界が地域の労働市場に最も強い影響を及ぼしているアラスカ、オクラホマ、ノースダコタ、ワイオミング、テキサスの5州では、求人全体に占める石油関連業界の割合が8月から10月にかけて52.1%増加した。

  同サイトのエコノミスト、ダニエル・カルバートソン氏は15日、ブログへの投稿で「これを大きな改善と捉えるのは拡大解釈であり、増加傾向が回復と言えるほど持続する可能性はまだ低い」と指摘。「ただ、長期に及ぶレイオフ期間の後、石油生産各社が再び採用に投資する意欲を見せていることは明るい兆しだ」と述べた。

原題:Oil Patch Job Postings Increase Seen as Early Signal of Recovery(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE