ロッテ:追放された創業家長男、「起死回生の策」で巻き返し狙う

  • 前副会長の辛東主氏が外国メディアと初めてインタビューに応じた
  • 実弟の辛東彬氏にはこれまでに抗争退けてきた実績

韓国のロッテグループ創業者の長男で、ロッテホールディングス(HD)前副会長の辛東主(重光宏之)氏が苦渋の思いを抱くのは当然だ。ここ数年の間に同氏は父親から役職を解任された上に、弟には会社から追放され、韓国検察当局から横領の罪で起訴された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。