中国の米国債保有残高は10月に約6年ぶりの低水準に減少し、同国を抜いて日本が最大の米国債保有国となった。中国は人民元相場を下支えするため外貨準備高を減らしている。

  米財務省が15日発表した10月の対米証券投資動向によれば、中国の米国債残高は1兆1200億ドル(約132兆円)と、前月から413億ドル減少した。これは2010年7月以来の低水準。日本も45億ドル減少し、1兆1300億ドルとなった。日本の保有残高の減少は3カ月連続。米国債の海外保有全体に占める日中合計の割合は約37%。

  中国の外貨準備高は11月まで5カ月連続で減少し、3兆500億ドルと11年3月以来の低水準となった。昨年6月に過去最高の4兆ドルを記録して以来、減少傾向が続いている。

中国を抜いて日本が最大の米国債保有国に
中国を抜いて日本が最大の米国債保有国に
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  米財務省の統計には国際資本フローのデータも含まれており、10月の外国勢による米長期証券投資は94億ドルの買い越しだった。米国債は635億ドルの売り越しとなった一方、米社債は45億ドル、米株式は205億ドル、米政府機関債は324億ドルのそれぞれ買い越しとなった。

原題:Japan Overtakes China as Largest Holder of U.S. Treasuries (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE