ニューヨーク時間15日の外国為替市場ではドルが続伸。対ユーロでは2003年以来の高値に上昇した。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は13、14両日の会合で利上げを決定、2017年の金利軌道が従来の想定より傾斜がきつくなるとの予測を示し、大統領選挙後のドル高に拍車をかけた。トレーダーらはドル・ロングの取引は過密からはほど遠いとみており、押し目では引き続き買いが入っている。

  一連の米経済統計が予想を上回ったことが明らかになると、ドルは午前の取引で一段高となった。12月のニューヨーク連銀製造業景況指数は9に上昇し、市場予想の4を上回った。フィラデルフィア連銀景況指数は21.5に大幅上昇し、予想の9.1を超えた。

  11月の米消費者物価指数(CPI)は前月比で0.2%上昇。これで4カ月連続でのプラスとなった。伸びはブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値と一致した。

  FOMCを受けた為替および金融市場の見通しは速やかに調整されている。ノムラのアナリスト、ビラル・ハフィーズ氏はユーロ・ドルが等価に向かうと予想。一方、ドル-・マタス氏率いるUBSのストラテジストチームは慎重なアプローチを呼び掛け、FOMCはなおも「様子見の姿勢」だと指摘した。

   ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.7%上昇の1269.20。ドルは対円で1%高いドル=118円18銭。一時は2月以来の高値となる118円66銭まで買い進まれた。ユーロは対ドルで1.2%安い1ユーロ=1.0414ドル。一時は2003年1月8日以来の安値となる1.0367ドルまで下げた。

原題:Dollar Pauses After Touching Highest Since 2002 Post-FOMC(抜粋)
Dollar Climbs to 13-Year High as U.S. Stocks Rebound, Gold Sinks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE