FOMCの次に注目すべきは中国-新興市場通貨の命運握る人民元相場

  • 15日の人民元は対ドルで0.4%安-2008年6月以来の安値
  • 中国10年国債利回りは22bp上昇、過去最大の上げ幅

米連邦公開市場委員会(FOMC)がもっとタカ派的になることを警戒している新興市場の投資家は、中国に信頼を寄せる必要があるかもしれない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。