イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は14日、トランプ次期大統領の予算方針をめぐる「不確実性の高まり」の中でも明確なことが一つあると述べ、労働市場が財政刺激策をもはや必要としていないとの見解を示した。

  イエレン議長はトランプ氏に税制や歳出計画に関して助言していないと述べた上で、予算策定に際しては生産性と経済の長期的パフォーマンスの押し上げに重点を置くことが重要だとあらためて強調した。

  1年ぶりの利上げ決定後に記者会見したイエレン議長は、経済は順調であり失業率はリセッション(景気後退)前の水準付近に戻っていると指摘。「完全雇用への回帰を図る上で、財政政策による景気刺激は明らかに必要ではない」と述べた。

  イエレン議長は自身やバーナンキ前議長が過去に一段と拡張的な予算方針を強く提唱したことを認めた一方で、それは失業率が現在の4.6%を「大幅に上回る」水準にあった時期のことだと指摘した。

  イエレン議長はまた、インフレ率が目標の2%に上昇するのを後押しするため、失業率が完全雇用の推計中央値と当局がみる4.8%を多少下回って当面推移するのを容認する構えだと述べた。
  

原題:Yellen Says Time for Job-Boosting Budget Stimulus Has Passed(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE