米食品メーカーのクラフト・ハインツは、菓子メーカーの米モンデリーズ・インターナショナルの買収に向けた協議を現在行っていない。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。これより先に、モンデリーズがクラフト・ハインツに買収される可能性が報じられたのを受け、両社の株価は14日の通常取引終了後の時間外取引で値上がりした。

  モンデリーズの株価はニューヨーク時間午後5時57分(日本時間15日午前7時57分)現在、4.7%上昇。クラフト・ハインツ株は2.6%高。ビランツ誌は匿名の関係者からの情報を引用し、クラフト・ハインツがモンデリーズ買収を計画していると伝えた。クラフト・ハインツには米資産家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェーとプライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社3Gキャピタルが出資している。

  モンデリーズの広報担当者はコメントを控えた。クラフト・ハインツの担当者にコメントを求めたが今のところ返答はない。

  バークシャーと3Gは食品業界への投資を拡大している。2013年にHJハインツを買収して株式を非公開化し、15年にクラフト・フーズ・グループと合併させた。モンデリーズは12年に分離されるまでクラフトの一部だった。

原題:Kraft Heinz, Mondelez Said to Not Currently Be in Deal Talks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE