米ヤフーは14日、新たな個人情報流出を明らかにした。2013年にユーザー10億人強のアカウント情報が流出した可能性があるとしている。ベライゾン・コミュニケーションズへのウェブ事業売却が近づく中で、ヤフーの信用が一段と揺らぐこととなった。

  同社は発表資料で、13年8月の第3者による情報盗難に関連したシステムへの「侵入」を分析・特定できていないと説明。この情報盗難は、法執行当局がヤフーに情報流出の可能性を伝えた後、犯罪科学専門家によって明らかにされた。ヤフーはユーザー数を10億人としている。

  ヤフーは、今回の情報盗難は今年9月に公表した14年の事件とは「別件である可能性が高い」としている。14日の発表後、米時間外取引でヤフーの株価は一時2.6%安を付けた。

カリフォルニア州サニーベールのヤフー本社
カリフォルニア州サニーベールのヤフー本社
Photographer: Noah Berger/Bloomberg

  
  ヤフーは情報が流出した可能性があるユーザーに通知する予定。既にユーザーにパスワード変更を求めるなどアカウント保護措置を講じている。
  

原題:Yahoo Says Second Hack Affected More Than 1 Billion in 2013 (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE