14日の米株式市場の時間外取引で、米菓子メーカーのモンデリーズ・インターナショナルの株価が大幅高となった。米食品会社クラフト・ハインツに買収される可能性があるとの報道が材料。ハインツには米資産家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェーとプライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社3Gキャピタルが出資している。

  モンデリーズの株価はニューヨーク時間午後4時27分(日本時間15日午前6時27分)現在、9.7%高の47ドルで取引されている。ビランツ誌が匿名の関係者からの情報を引用して買収の可能性を報じた。

  バークシャーと3Gは食品業界への投資を拡大している。バフェット氏とクラフト・ハインツから現時点でコメントは得られていない。モンデリーズの広報担当者マイケル・ミッチェル氏はコメントを控えている。

原題:Mondelez Jumps on Report of Possible Kraft Heinz Takeover (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE