トランプ次期米大統領は14日に開催したハイテク業界トップとの会合の冒頭で、「あなた方がうまく行くように手助けするためにここに集まっていただいた」と語り掛けた。

  トランプタワーで開かれた同会合に出席したのはフェイスブックのサンドバーグ最高執行責任者(COO)、アマゾン・ドット・コムのベゾス最高経営責任者(CEO)、アルファベットのペイジCEOとシュミット会長、アップルのクックCEOら。

  同会合について説明を受けた関係者によると、会合の主要議題は雇用と移民、中国問題で、インフラや教育、テクノロジー企業の海外利益のレパトリも取り上げられた。非公開会合であることを理由に同関係者が匿名で明らかにしたところでは、会合の雰囲気は和やかだった。

トランプ氏はITトップらと会談
トランプ氏はITトップらと会談
Photographer: Albin Lohr-Jones/Pool via Bloomberg

  ペンス次期副大統領はツイッターへの投稿で、会合は「生産的」だったとした上で、雇用創出と技術革新が重点的に議論されたと説明した。

  トランプ氏の政策を警戒するハイテク業界首脳の多くは大統領選で同氏を支持せず、両者の関係はぎくしゃくしている。移民やインターネット・セキュリティー、規制、政府投資といった問題でも立場に隔たりがある。業界幹部140人余りは今夏、トランプ氏が大統領になれば「技術革新に壊滅的な悪影響をもたらす」とする公開書簡を出した。
  
原題:Trump Tells Tech Titans He’s ‘Here to Help You Folks Do Well’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE