カジノ含むIR法が成立、海外運営会社が歓迎-依存症対策課題に

更新日時
  • 政府が実施法を制定へ、開業は2020年東京五輪以降に
  • 北海道、横浜市、大阪府、長崎県など名乗り-当初2、3カ所を想定

カジノを含めた統合型リゾートの整備を政府に促す法律(IR推進法)は、15日未明の衆院本会議で参院が議決した修正を自民党などの賛成多数で可決、成立した。政府は施行から1年以内をめどにカジノ解禁に伴う法規制などを定めた実施法案を策定する。北海道、横浜市、大阪府、長崎県が誘致に名乗りを上げているが、実際の開業は2020年東京五輪・パラリンピック後になる見通し。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。