イタリア次期首相に指名されたパオロ・ジェンティローニ氏は、上院の信任を取り付け、就任に向けた議会の関門をすべて突破した。

  イタリア上院は169対99でジェンティローニ新内閣の支持を決めた。レンツィ前首相の辞任を受け、与党勢力が過半数を占める下院では13日に信任を勝ち取っていたが、上院の行方は不透明だった。

  反体制を唱える「五つ星運動」など野党議員はジェンティローニ氏の指名に反対し、上下両院とも投票を棄権した。五つ星は新政権を、首相を辞任しながら与党党首にとどまるレンツィ氏が背後で操る「かいらい」と呼んで批判している。

  一方、レンツィ前首相は来年前半に総選挙を前倒しで実施するべきだと示唆。ポレッティ労働相は14日、選挙制度改革を済ませた後で上半期に総選挙を実施する公算が大きいと述べた。

原題:Gentiloni Wins Senate Vote to Confirm New Italian Government(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE