11月の米鉱工業生産統計では、製造業生産を 示す指数が3カ月ぶりに低下した。

米連邦準備制度理事会(FRB)の14日発表によると、11月の製造 業生産指数は前月比0.1%低下。ブルームバーグがまとめたエコノミス ト予想の中央値は0.2%低下だった。前月は0.3%上昇(速報値0.2%上 昇)に上方修正された。

全体の鉱工業生産指数(製造業、鉱業、公益事業の生産を対象、季 節調整値)は11月に前月比0.4%低下と、3月以来の大幅なマイナスと なった。平年より温暖な気候を背景に公益事業が減速した。10月 は0.1%上昇(速報値は前月比変わらず)。

4CAST-RGEのシニアエコノミスト、デービッド・スローン 氏(ニューヨーク在勤)は統計発表前に、「製造業セクターのトレンド はフラットからポジティブだ」と指摘。「輸出の見通しはあまり強くな いが、輸出はこれまでまずまず底堅い状況だ」と述べた。

公益事業の生産は4.4%低下、前月は2.8%低下していた。米海洋大 気局(NOAA)によれば、今年の11月は1895年までさかのぼる記録の 中で2番目に暖かい11月だった。

鉱業の生産は1.1%上昇(前月は1.9%上昇)。石油・ガス掘削 は5.3%上昇した。

鉱工業設備稼働率は75%と、3月以来の低水準。前月は75.4%だっ た。

統計の詳細はをご覧下さい。

原題:U.S. Factory Production Drops for First Time in Three Months(抜粋)

--取材協力:Jordan Yadoo.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE