OPEC:減産通じた原油市場の再均衡は2017年後半に-月報

  • 非加盟国の供給見通しは上方修正、協調減産の合意含めたか明示せず
  • 減産合意の対象期間内のロシア生産は変わらずの見通し

石油輸出国機構(OPEC)は、減産合意で世界の原油市場の再均衡が加速するものの、来年下期まで需要が供給を上回る状態にならないとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。