インドでは11月の卸売物価指数(WPI)が市場予想より大きく上昇した。

  商工省が14日発表した11月のWPIは前年同月比3.15%上昇。ブルームバーグがエコノミスト29人を対象にまとめた予想中央値では、3.1%上昇と見込まれていた。前月は3.4%上昇だった。

  13日発表された11月のインド消費者物価指数(CPI)は、前年同月比3.63%上昇と、2年ぶりの低い伸びにとどまった。予想は3.9%上昇だった。モディ首相が脱税や汚職の対策として高額紙幣を廃止することを11月に入り突然発表し、現金依存度が高い国内経済の需要が鈍っている。

原題:India Wholesale Inflation Eases Less Than Estimate Amid Cash Ban(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE