欧州中央銀行(ECB)はイタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナの増資期限延長の要請を拒否した。モンテ・パスキは来年1月20日までの延長を求めていたが、その間に流動性ポジションと自己資本比率がさらに悪化し生き残りが難しくなることを当局は懸念したと、同行が13日遅くに明らかにした。

  モンテ・パスキによると、ECBはまた、期限を延長しても市場環境が改善し新株を金融機関が引き受ける保証はないとも指摘した。50億ユーロ(約6120億円)規模の資本増強の完了期限は当初の通り今年12月31日となる。

  モンテ・パスキは280億ユーロ相当の不良債権売却によるバランスシート改善を目指している。劣後債の株式への転換は、投資家に参加を尻込みさせた一部条項の撤廃で当局の許可が得られれば、合計約20億ユーロで実施したい考え。国民投票で憲法改正が否決されレンツィ首相が辞任を表明した後、モンテ・パスキは期限延長をECBに求めた。9日の時点で銀行団はまだ新株引き受けを約束していなかった。

  14日のミラノ市場で株価は下落。現地時間午前10時10分現在は1.9%安となった。

原題:Monte Paschi Says ECB Rejected Extension of Capital Increase(抜粋)
Paschi Says ECB Rejected Fundraising Delay on Liquidity Concern

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE