著名ヘッジファンドマネジャーのデービッド・アインホーン氏はホンダのミニバン「オデッセイ」を購入した際、何かに気付いていたのかもしれない。

  学者3人の研究によると、ヘッジファンド運用担当者が乗る自動車は、その運用者のリスクテークや市場を上回るリターンを挙げる能力を物語る。特にミニバン保有者が運用するファンドは、リスクテークがはるかに低い傾向にあり、スポーツカーを乗り回すファンドマネジャーに比べボラティリティ(変動性)も低いという。

  研究をまとめたヤン・ル、スガタ・レイ、メルビン・テオの3氏は、薬物乱用や犯罪にも結び付く「刺激を追い求める」特性を測る上で、どの車を所有しているかが良い尺度になり得ると説明。強いリスクテーク志向が、高めのリターンを担保することはなかったという。

ホンダ「オデッセイ」(2014年型)
ホンダ「オデッセイ」(2014年型)
Photographer: Jin Lee/Bloomberg

  ある例では、スポーツカーを保有する運用者のファンドのリスク調整後リターンは平均的なファンドに比べ、21%余り悪かった。別の言い方をすれば、平均的なファンドも派手な車に乗る人物が運用すると、実用的な車を運転するマネジャーのファンドと比べ、16%余り変動が激しい。

  さらに、車の好みはファンドの成績を示唆するだけではなく、一段と悲惨な結末の前兆とも言えるという。「派手な車のオーナーはファンドを閉鎖したり、詐欺的行為に関わったり、インデックス型ではない株式銘柄を大量に積み上げたり、システミック要因に関して市場全体との連動が低く、自信過剰で自滅する公算が大きい」と3人の学者は記している。

原題:When Your Hedge Fund Manager Buys a Ferrari, Find a New Manager(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE