ドルは115円台前半、FOMC決定控え小動き-ドット・声明文注目

更新日時
  • 朝方の115円ちょうどから115円33銭まで上昇した後は伸び悩む
  • FOMC、政策金利見通しのドットチャート変わらずか-みずほ銀

14日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=115円台前半で推移。今晩に米連邦公開市場委員会(FOMC)の決定発表を控えて慎重姿勢が強い中、小幅な値動きにとどまった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。