米アルファベット、自動運転車事業を新部門「ウェイモ」に分離

  • フィアット車を利用したライドシェアリングを計画との見方
  • ウェイモは人々による自動運転車の「日常使い」を想定

米グーグルの親会社アルファベットは自動運転車プロジェクトを「ウェイモ」と呼ぶ新しい事業に分離する。運輸業界を変える取り組みを一段と強化する方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。