米運輸省は、衝突事故を回避するため車同士が互いの動きに関するデータを無線通信で共有し、他の車両をモニターできるシステムを搭載させる方針だ。

  同省が13日公表した提案によると、乗用車やライトトラックなど軽量自動車はいわゆる車車間通信システムを4年以内に装備するよう義務付けられる。全ての新車が対象となる。この技術は自動ブレーキなど新しい自動安全装置と連携して作動するもので、無人車の実現に向けた新たな一歩になると説明した。

  フォックス米運輸長官は記者団との電話会議で今回の提案について、無人機や自動運転車を含む新技術を推進する同省の取り組みの一環だと説明。「人命を救うことができる輸送技術の潜在能力を実現させるため、われわれは可能な限り率先して行動する」と述べた。

  運輸省は同提案について今後90日間にわたって自動車業界と一般から意見を募り、そのフィードバックを考慮した上で規則の最終案をまとめる。フォックス長官によると、完了までに1年かかる見通し。

原題:Cars Would Be Required to Talk to Each Other Under U.S. Plan (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE