マイクロソフト、翻訳アプリをリリースへ-AIでグーグルなどに対抗

  • デジタルアシスタント「コルタナ」を他の端末メーカーに公開
  • ウェブサイトのFAQ向けボットも発表

マイクロソフトは13日、自社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」およびアップルやグーグルのOS向けに翻訳アプリをリリースすると発表した。大手テクノロジー企業は人工知能(AI)分野で主導権争いを繰り広げており、今回もその一例だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。