日銀短観:大企業・製造業DIはプラス10、6期ぶり改善

更新日時
  • 非製造業はプラス18と横ばい-先行きは製造業、非製造業とも悪化
  • 16年度想定為替相場は1ドル104円90銭と円高方向に修正
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

日本銀行が発表した企業短期経済観測調査(短観、12月調査)の大企業・製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)は昨年6月調査以来6期ぶりに改善した。11月の米大統領選後に進行した円安や株高が好感された可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。