海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎トランプ次期米大統領、エクソンのティラーソン氏を国務長官に指名

◎米国務長官人選をロシア大統領補佐官が評価-米議会の懸念強まる

◎IBMが米国での2万5000人雇用計画を公表-トランプ氏との会合前に

◎ウニクレディト:イタリアで3900人追加削減へ-業界統廃合に関与せず

◎FOMCの金利予測分布図、引き締め加速方向に修正のリスク-UBS

◎FOMCの対話は「用心深い」姿勢に、25ベーシス利上げでも-TD

◎ドル指数は下げ幅を拡大へ、上昇に息切れの兆し-BTIG

◎「ポケモンGO」、インドやパキスタンで提供開始

◎FOMCのハト派が慎重となる根拠に、輸入物価低下-三菱東京UFJ

◎モンテ・パスキ:ECBは増資期間の延長申請を拒否

◎クアルコム:新型アンドロイドOSでグーグルと協業を計画

◎17年の化学品メーカー推奨銘柄、トップはダウ・ケミカル-RBC

◎ロンドン、EU離脱前でも既にデリバティブ取引の中心の座を失う

◎元ゴールドマンのトレーダー、ヘッジファンドのグラハムに-関係者

◎財務長官指名のムニューチン氏、再建で名を上げた銀行に当局調査進む

◎FOMCは2017年に利上げ2回、初回は6月か-ブルームバーグ調査

◎グーグル:クライスラーのミニバンで乗り合いサービス計画-関係者

◎ティラーソン氏は「前向きな」計画策定へ-マコネル共和党上院院内総務

◎ECBハンソン氏:資産買い入れの月額縮小、「歓迎すべき変更」

◎米インテュイティブ、自社株買いプログラムを30億ドルに拡大

◎アップル、株価が2017年に上昇する5つの理由-シティ

◎ジュニパー株上昇、4Qのスイッチ販売は力強いとOTRが指摘

◎トランプ氏、ペリー前テキサス州知事をエネルギー長官に指名へ-AP

◎イラク、1月の石油販売減を顧客に通知へ-関係者

◎必需品銘柄の「パーティーは終わった」、P&Gの判断下げ-ドイツ銀

◎米GEイメルトCEO:トランプ氏の国務長官選択に「私は拍手を送る」

◎ティラーソン氏、ホワイトハウスを頻繁に訪問-対ロシア制裁関連

◎UPSとフェデックス、年末商戦の需要対応に追いつかず-WSJ

◎バイアコムの投資判断引き下げ、「構造的な問題」抱える-RBC

◎ボーイングの減産前倒し、サプライヤーに打撃の公算-UBS

◎米輸入物価指数:11月は前月比0.3%低下、市場予想0.4%低下

◎3Mの2017年1株利益見通しレンジの中央値、予想下回る

◎EU、ロシア経済制裁の延長を準備中-独仏首脳

◎インド:11月の消費者物価指数、前年比3.63%上昇-予想3.9%上昇

◎日銀、来年3月終了の貸し付けファシリティー3つを延長-ロイター

◎ドイツ:12月のZEW景況感指数、前月と同水準-堅調な状態で年末へ

◎英国:11月のインフレ率1.2%に上昇、予想上回る-約2年ぶり高水準

◎プーチン大統領:ロシア、対日関係で「全面的な正常化」を模索

◎石油市場は17年上期に供給不足に、OPECの減産合意で-IEA

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE