13日のニューヨーク外国為替市場ではドルがほぼ変わらず。トレーダーは米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちで、取引は狭いレンジにとどまった。

  FOMCが14日の会合終了後に、予想通り0.25ポイント利上げを発表しても市場の反応は限定的とみられているが、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見は相場を大きく動かす可能性がある。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はレンジの中央値付近で推移した。

  市場参加者はイエレン議長の発言内容から今後の見通しを見極めようとしている。参加者は議長がこれまで金融政策に慎重なアプローチを取ってきたと考えてるものの、FOMCがよりタカ派的な利上げを実施した場合はドルが上昇するとみている。また利上げがハト派的だと受け止められ、当局者の金利予測で2017年の利上げ回数が2度かそれ以下となった場合、ドルは米大統領選挙後の上げをある程度失う可能性がある。
  
  ドルが下落しユーロが上昇する可能性を指摘する一方で、2017年のユーロ圏は政治的なリスクに直面しており、いずれはユーロが売られる展開になるとの見方もある。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%上昇。ドルは対円で0.2%上昇して1ドル=115円19銭。対ユーロでは0.1%上昇の1ユーロ=1.0626ドル。

原題:Dollar Steadies After Skittish Session as FOMC Begins Meeting(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE