トランプ次期米大統領が国務長官にエクソンモービルのレックス・ティラーソン最高経営責任者(CEO)を指名したことを、ロシアのプーチン大統領の外交顧問が高く評価した。しかし、これを受け、ティラーソン氏が寛容過ぎる対ロシア外交を展開するのではないかとの懸念が広がった。

  プーチン大統領の信任が最も厚い外交顧問の1人であるウシャコフ大統領補佐官(外交担当)は13日、モスクワで記者団に対し、ティラーソン氏は「自身の分野で非常に素晴らしいプロフェッショナルだ。ロシア当局者に知己が多く、ビジネス分野での協調に積極的に関わってきた」と語った。

  ティラーソン氏の国務長官指名については、プーチン大統領との親交を理由に上院軍事委員会委員長であるジョン・マケイン議員や、上院外交委員会メンバーのマルコ・ルビオ議員らが懸念を表明している。ティラーソン氏の国務長官就任には上院の承認が必要。

原題:Russia’s Tillerson Praise Underscores Debate Over Trump Pick (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE