トランプ次期米大統領はエネルギー長官にリック・ペリー氏を起用することを決めた。事情に詳しい関係者4人が明らかにした。石油資源が豊富なテキサス州の前知事にエネルギー省の指揮を託すことになる。ペリー氏は大統領選に2回出馬したことがある。

  今週中の長官指名を前に匿名を条件に関係者が明らかにしたところによると、トランプ氏は12日夜にペリー氏に起用を伝えた。ペリー氏は過去にエネルギー省廃止を主張しながら2011年の討論会で同省の名前を思い出せなかったことがあった。

  テキサス州で最も長く知事を務めたペリー氏(66)は「米国のエネルギー」の提唱者。同州は化石燃料と再生可能エネルギーの生産が盛んで、米国内では石油生産量最大。風力発電能力でも全米トップの州。トランプ次期政権が石油業界寄りとされる人物を閣僚に起用するのは少なくとも3人目となる。

原題:Perry Said to Be Offered Energy Secretary Position by Trump (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE