トランプ次期米大統領は11月にスティーブン・ムニューチン氏を財務長官に指名すると発表した際、「世界レベルの資本家」だと評価し、カリフォルニア州南部の銀行ワンウエストを黒字に立て直した実績などを挙げた。

  だがワンウエストをめぐっては、ムニューチン氏の売却後すぐ問題が表面化した。米住宅都市開発省(HUD)は、高齢者向け融資を扱う同行のフィナンシャル・フリーダムの差し押さえ慣行について調査を開始。会計士らはこの部門の帳簿が問題だらけだとの見方を強めており、現在の親会社であるCITグループは最終的に2億3000万ドル(約265億円)以上の欠損があることを突き止めた。これがムニューチン氏のワンウエストでの実績に、傷を付ける可能性がある。

  CITのエレン・アレマニー最高経営責任者(CEO)は7月、投資家に対し「失望を表明したい」と切り出し、「われわれは新たな経営陣を据え、経営管理と手続きを強化する慣行の実施でかなりの改善を果たしている」と述べた。

  旧経営陣メンバーには、3月まで副会長だったムニューチン氏も含まれる。同氏は3年間の契約を結んでいたにもかかわらず、1年もたたずに退職金1090万ドルを受け取って辞職した。公表済みの資料によると、この額は解雇された場合に権利が発生すると定められた離職手当に一致する。同氏は今月まで、ワンウエスト取締役会に残っていた。

  事情を知る関係者3人は、ムニューチン氏の退社はフィナンシャル・フリーダムの問題に関連してはおらず、アレマニー氏が経営陣交代を進める中で辞任した幹部十数人の1人だと説明した。

  ムニューチン氏はコメントを控えた。ブルームバーグの試算によると、同氏は個人としてワンウエストの売却代金と配当金で約3億8000万ドルを手にしたとみられる。

  CITは11月、ワンウエストの会計上の問題は恐らく年内に片付かず、HUDの調査決着に向け協議を開始したと明らかにした。一方、フィナンシャル・フリーダムの売却も引き続き模索している。

  ムニューチン氏は財務長官就任の是非を審査する上院で過半数を占める共和党の指示を期待できそうだが、民主党は強い抵抗を示唆している。ワイデン上院議員(民主党、オレゴン州)はワンウエストでのムニューチン氏の経営ぶりを「無理矢理資金を貸し付け、弱者から利益をむさぼる」ような手法だと批判した。

原題:Mnuchin’s Reverse-Mortgage Woes Blemish Record of Treasury Pick(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE