ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた12月の独景況感指数は前月と同水準にとどまった。同国経済が堅調な状態で年末を迎える軌道に乗っている様子を示した。

  ZEWが13日発表した12月の独期待指数は13.8と、前月と変わらず。同指数は向こう6カ月の景気見通しを示す。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では中央値で14.0への上昇が見込まれていた。12月の独現状指数は63.5と、10月の58.8から上昇し、2015年9月以来の高水準に達した。ユーロ圏の期待指数は18.1で、前月の15.8を上回った。

  ZEWがまとめた調査データは、ドイツ経済が減速した7-9月(第3四半期)から勢いを盛り返しつつあることを示唆している。先週発表された製造業受注は投資財需要の好調で2年ぶりの大幅な伸びとなり、11月の景況感指数は2014年以来の高水準を維持した。ドイツ経済省は12日公表の月報で、世界経済と輸出の見通しが明るさを増しているため、10ー12月(第4四半期)に景気拡大が加速した公算が大きいとの見解を示した。

  ZEWのアヒム・バンバッハ所長は発表文で「基調判断は極めて前向きだ」と指摘した上で、「イタリア銀行業界の緊迫した状況や欧州各地の選挙をめぐる政治リスクを原因にかなりの経済リスクがあるものの、現時点では影が薄くなった様子だ」と説明した。

原題:German Investor Confidence Unchanged as Economy Gathers Pace(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE