英国では11月にインフレ率が上昇し、約2年ぶりの高い伸びとなった。衣料品とガソリンの値上がりが物価を押し上げた。

  英政府統計局(ONS)が13日発表した11月の消費者物価指数 (CPI)は前年同月比1.2%上昇した。伸び率は10月の0.9%を上回り、2014年10月以来の高水準に達した。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は1.1%だった。

  国民投票で欧州連合(EU)離脱選択して以来のポンド安と石油値上がりで、物価上昇圧力が高まっている兆候が強まった。11月の輸入価格は前年同月比で約15%上昇と、ここ5年余りで最も大きな上げを記録。石油輸出国機構(OPEC)の減産合意でエネルギー価格の上昇圧力はさらに高まる可能性がある。

  IHSマークイット(ロンドン)のエコノミスト、ハワード・アーチャー氏は「消費者物価のインフレ率は数カ月にわたり著しい上昇トレンドを描くと当社は予想している。ポンド安の影響が広がるためだ」と語った。

  食料品やエネルギーなど変動の大きい項目を除いたコアインフレ率は1.4%で、10月の1.2%から上昇し、予想中央値の1.3%も上回った。

原題:U.K. Inflation Accelerates to Highest in More Than Two Years (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE