中国南方航空のシドニー行きの便に乗り換えるため、中国広東省広州の空港で4時間も待つのは誰にとっても楽しいことではない。だがボストンに住むジーナ・カペラさんには何の問題もなかった。

  カペラさん(43)と友人は昨年、中国南方航空を利用することで、ソウルから大韓航空かアシアナ航空に乗るのに比べて数百ドルを節約することができた。「とても安いから乗り継ぎ時間は気にならなかった」と言うカペラさんによると、運賃は「ほぼ半値」になるのだそうだ。

  こうした低運賃を提供している中国の航空各社が、外国の航空会社に打撃を与えている。米国のデルタ航空やアメリカン・エアラインズ・グループ、香港のキャセイ航空、大韓航空など多くの航空会社は、中国本土の航空会社による路線拡大に圧力を感じている。

中国南方航空機
中国南方航空機
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  中国の航空各社は、他国の同業他社が長く独占してきた路線に安価な運賃を提供しているというだけではない。ほとんど知られていない中国の地方都市から世界中に何百という国際便を運航しているのだ。

  アジア太平洋航空センター(CAPA)の香港在勤アナリスト、ウィル・ホートン氏は「中国の航空会社はまだその潜在力を中国だけでなく世界的にまだほとんど発揮していない。現代において中国勢と競い合い成長できなければ、その将来は暗いだろう」と話す。

  CAPAによれば、中国国際航空や海南航空など中国本土の航空会社は2006年以降、75の長距離路線市場を開いた。その3分の2余りが過去2年間での開設だ。中国の3大航空会社は中国国際航空と中国東方航空、中国南方航空で、いずれも上場している国有会社。

原題:Flying for Less Via China Deals a Blow to Global Carriers (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE