日電産とSMCが空売りの標的に、会計手法を疑問視-両社は反論

更新日時
  • 株価は一時下落も徐々に持ち直す、両社は会計処理は適正と説明
  • マディー・ウォーターズが日本企業を標的とするのは初めて

日本電産とSMCが13日、株式の売りを推奨するリポートの標的となった。両社はリポートに反論し、株価は徐々に持ち直した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。