OPECとロシアの協調減産合意、原油供給過剰の約半分解消の可能性

  • 合意が実施されれば、原油在庫は日量76万バレル減る見通し
  • これにより供給過剰3億バレルのうち46%が解消される見込み

理論上は、石油輸出国機構(OPEC)の原油減産合意により、世界の供給過剰のほぼ半分が半年以内に解消される計算だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。