トランプ次期米大統領が14日にニューヨークで開くテクノロジー業界トップとの意見交換会に、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)やテスラモーターズのイーロン・マスクCEOも参加の見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ベンチャーキャピタリストのピーター・ティール氏を含むトランプ氏の政権移行チームのメンバーが先週、会合への招待状を発送した。オラクルのサフラ・カッツ共同CEOやシスコシステムズのチャック・ロビンスCEO、フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)が参加する予定。

  関係者によると、アップルのティム・クックCEOに加え、アルファベットのラリー・ペイジCEOとエリック・シュミット会長も出席する。ビジネスリーダーが集まるトランプ氏の諮問委員会に名を連ねるIBMのジニ・ロメッティCEOも参加すると、同CEOの計画に詳しい関係者が明らかにした。

  米大統領選期間中、テクノロジー企業幹部の間でトランプ氏への支持は低く、特にベゾス、トランプ両氏の衝突は目立っていた。ベゾス氏がツイッターで自身のロケットを使ってトランプ氏を宇宙に送ろうかとやゆすると、トランプ氏はベゾス氏がワシントン・ポスト紙を買収したのは電子商取引事業の拡大を目的に首都で政治的影響力を手にするためだと批判していた。

  トランプ氏との意見交換会は14日午後2時(日本時間15日午前4時)に予定されている。情報技術・イノベーション財団のロブ・アトキンソン代表は、会合では海外利益を本国に戻すレパトリの可能性や法人税改革が焦点になるだろうと話した。

原題:Bezos, Sandberg, Musk Said to Be Attending Trump Tech Summit (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE