FOMC、17年の金利見通し修正や次期政権の財政政策の影響が焦点か

  • 米大統領選後で初のFOMC、0.25ポイントの利上げはほぼ確実か
  • 金利予測分布図は引き締めペースの若干の加速を示唆も

米連邦公開市場委員会(FOMC)は今週、米大統領選後で初となる会合で利上げを議論する。長期債利回りと株式相場は選挙後、次期政権が経済成長を刺激するとの観測で急上昇している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。