空気圧制御システムの製造メーカー、SMCの株価が急落。空売り調査会社ウェル・インベストメンツ・リサーチがSMC株を「強い売り」と指摘するリポートを取引開始前に公表した。

  13日の同社株は売り気配で始まり、売買成立後は一時前日比10%安の2万6400円まで下げ幅を広げた。リポートでは、目標株価の下限を4484円としている。末尾の免責条項では、ウェルが「株式を空売りしている可能性がある」と述べている。

  ウェルはリポートで、SMCの会計手法や財務諸表を問題している。SMCの広報担当者は電話取材に対し、現時点でコメントできないと回答した。ブルームバーグの集計データによると、同株への買い推奨はアナリスト8人、ホールドが7人、売りが1人。

ウェル・インベストメンツ発起人へのインタビュー記事はこちら

  これまでにウェルがリポートを発表した企業の株価動向はまちまち。丸紅が最初のリポート公表後に4.6%上昇し、JIG-SAWが68%下落、CYBERDYNEは29%下落している。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE