トランプ氏:在任中に新たな取引せず-息子2人がビジネス運営

更新日時
  • 来年1月20日の就任式までに自身のビジネスを離れ大統領職に専念へ
  • 長女のイバンカさんや娘婿クシュナー氏の役割には言及せず

トランプ次期米大統領は来年1月20日の就任式までに2人の息子のドナルド、エリック両氏に経営を任せることを明らかにし、自らがどのようにビジネスから離れるか初めて述べた。だが、自身の役割には言及しなかった。

  トランプ氏は12日夜のツイートで、大統領在任中に自身が新たなビジネス取引は行わないと説明。同氏はまた、「ビジネスや閣僚人事、他の全ての関心事項に関して議論するため、近いうちに」記者会見を開くとしている。

トランプ氏

Photographer: Albin Lohr-Jones/Pool via Bloomberg

  トランプ氏は「法律に基づく義務はないが、大統領職に専念できるよう、来年1月20日までに自分のビジネスから離れる」とコメント。「事業経営には私の子供のうち、ドナルドとエリックの2人および会社幹部が当たる。私の在任中に新たな取引を手掛けることはない」と記した。

  トランプ氏のツイッター投稿では、長女のイバンカさんやその夫であるジャレッド・クシュナー氏が次期政権ないしトランプ氏の事業でどのような役割を果たす可能性があるかには言及していない。

  ブルームバーグはこれに先立ち、ビジネス計画について発表するためにトランプ氏が今月15日に予定していた記者会見を来月まで延期すると、関係者の話を基に報じていた。

原題:Trump Says No Deals While in Office; Sons Will Run Company (1)(抜粋)

(ツイートの内容の詳細などを追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE