バークレイズとJPモルガン、シティが米当局の為替捜査拡大に協力

  • 検察当局はスポット市場での新たな共謀疑惑を開示
  • 米当局は15年の為替操作事件の罰金に銀行側の協力を反映したい意向

英銀バークレイズは昨年有罪を認めた外国為替市場の不正操作問題について、解決済みとはしなかった。同行はその後、外為業務に関する240万件余りの文書と10万件の通話記録を検証し、多数の現旧職員に聞き取りを行った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。