中国は米国と欧州連合(EU)に中国製品の反ダンピング(不当廉売)調査において、他の諸国の価格例を用いるのを止めさせるよう、世界貿易機関(WTO)に提訴した。

  中国は、市場経済への移行が不十分とされる「非市場経済国」の位置付け撤回を求めてWTOの紛争解決手続きを開始した。中国商務省が12日にウェブサイトで発表した。米国とEUは、対中国ダンピング調査で、「非市場経済国」の位置付けを利用して、同国の国内価格ではなく、第三国の価格を基準にしてきた。

  今回の動きは、中国のWTO加盟から15年が経ったことで、加盟国としての全権限を勝ち取りたいとする同国の決意を浮き彫りにしている。

  中国は12月11日にWTO加盟から15年を迎えた。同国政府は先週、反ダンピング調査では国内価格を用いるべきだと主張していた。

原題:China Files WTO Complaint Against EU, U.S. Tariff Methods (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE