12日のインド株式相場は3営業日ぶりに下落。原油急騰でインフレが加速するとの懸念が広がった。

  指標のS&P・BSEセンセックスは前週末比0.9%安の26515.24で終了。原油需要の約8割を輸入に頼っているインドにとって、北海ブレント原油の1年5カ月ぶり高値付近までの上昇は輸入コスト高につながる。13、14両日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)も注目されている。

  個別銘柄では二輪車メーカーのバジャジ・オートが2週間ぶり安値、自動車メーカーのタタ・モーターズは6営業日ぶりに値下がりし、2.1%安となった。銀行株ではパンジャブ・ナショナル銀行とアクシス銀行の下げが目だった。

原題:Indian Stocks Retreat on Rising Oil Ahead of U.S. Fed Meeting(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE