債券下落、日銀指し値オペ通知なしで-超長期ゾーンへの売り圧力続く

更新日時
  • 新発20年債利回り一時0.65%、新発30年債利回り0.805%に上昇
  • 長期金利0.1%に近づいたので指し値オペ意識されている-みずほ証

債券相場は下落。日本銀行が金利上昇を抑制する指し値オペの通知を見送ったことを受けて、売りが優勢となった。超長期債ゾーンへの売り圧力が継続し、新発20年債利回りは10カ月ぶり高水準を更新した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。