1ドル120円なら17年度経常増益率14%に拡大、日本株一段高-野村証

  • 野村証のアナリスト予想は12%増益、103円前提
  • 企業の自助努力も株価を押し上げ

為替市場でドル高・円安が進み、企業の業績拡大期待が一段と強まっている。野村証券の為替ストラテジーチームは9日付で、2017年末のドル・円見通しを1ドル=112円から120円に見直した。企業収益は前提為替が円安に修正されれば上乗せされるため、好業績を背景とした日本株高に弾みがつく可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。