米ボーイングがイラン航空と契約、80機納入へ-1979年の革命後初

  • 米議会とトランプ次期大統領が契約履行を阻む可能性
  • 今回の合意は米国で約10万人の雇用を支えるとボーイング

国営イラン航空が米ボーイングから航空機80機、166億ドル(約1兆9200億円)相当を購入する契約を結んだ。この種の合意としては1979年のイラン革命後初となる。米議会とトランプ次期米大統領は今後、外交上の優先課題と米雇用拡大のバランスを取ることを迫られる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。