ドル・円に思わぬ追い風、原油急騰でカナダドル全面高-一時115円半ば

  • 一時は115円54銭と2月9日以来の水準までドル高・円安が進行
  • OPECとロシアなど非加盟国、15年ぶりの協調減産で合意

12日の東京外国為替市場で、ドル・円相場に思わぬ追い風が吹いている。ニューヨーク原油先物が、石油輸出国機構(OPEC)の加盟国と非加盟国の減産表明を受けて大幅上昇したのを受けて、カナダドルが全面高となるのにつられる格好となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。