米シティ証:懲戒解雇で提訴した東京外為トレーダーと調停成立

更新日時

シティグループの日本法人の社員が、外国為替取引指標の操作を試みたとして懲戒解雇されたのは不当であると地位確認を求めていた裁判で、調停が成立したことが分かった。これにより2年近くに及んだ訴訟は終結した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。