OPECと非加盟国、15年ぶりの協調減産合意-サウジが演出

  • サウジとロシア、産油国としての競争やシリア内戦問題など棚上げ
  • サウジは11月の合意水準よりも大幅な減産する用意があると示唆

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟国は10日のウィーンでの閣僚会合で、非加盟国全体で日量55万8000バレルの減産で合意した。同合意をまとめ上げるためさまざまなルートを通じて外交交渉を重ねてきたサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は会合を終え、満足げな笑みを浮かべながら姿を現した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。