思いのほか弱くなかった日本の個人消費-GDP年次推計で上方修正

  • 関連指標が経済実態を反映していないとする日銀の指摘を後押し
  • 予算を割いて関連指標の精度向上を-第一生命経済研究所の新家氏

1990年代のバブル崩壊前に消費の限りを尽くした日本の消費者は長らく続く経済の停滞に打撃を受け、今や倹約家ぞろいだ。安倍晋三政権が推し進めるアベノミクスの行方は国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費に左右される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。